レーザー治療

レーザー治療の概要

歯科治療の中でも、最先端の治療法と言われるレーザー治療。
歯科治療で使用されるレーザー治療機の種類だけでも、

  • 「Er.YAG(エルビウム・ヤグ・)レーザー」
  • 「Nd.YAG(ネオジウム・ヤグ・)レーザー」
  • 「炭酸ガスレーザー」
  • 「DIAGNOdent(ダイアグノデント)」
  • 「低出力半導体レーザー」

など症状によって様々に使い分けられています。

当院のエルビウム・ヤグ・レーザーは、治療の際に痛みが少なくて済み、不快な音もなく、振動もありません。
そのため、ほとんどの治療が麻酔なしで行え、さらには菌の抑制にも繋がるため、通常の虫歯治療以外にも歯周病全般にも使用されます。
歯石の除去、口内炎の治療、歯肉の切開、歯茎の黒ずみを白く、義歯の痛みの軽減、アフター治療etc……と特に初期症状に関しては抜群の効果が期待出来ます。

ただし、どんな症状でも全く痛むことなく、歯に影響を与えない治療などはありません。
高性能の治療機械があるからといって、自分の歯を大切にしないのであれば、何の意味もありません。
歯は体の一部なのですから、普段からそのケアに努めましょう!

ご興味のある方は、当医院に御相談ください。
注:治療内容・方法等は個人の症状や医院の方針によって異なります

レーザーで治療が出来る様々な症例

イメージ写真

通常の虫歯、歯石の除去

 もちろん通常の虫歯治療が行えます。
通常のタービンを回す治療では、歯の健全な部分も削ってしまう恐れがあります。レーザー治療ではピンポイントに患部を治療することが出来ますので、従来よりも正確で安心の治療が行えます。

 治療の際の痛みが少なく、麻酔なしで行えることがあります。また不快な音や振動もないので、お子様の方や、歯科治療に恐怖心のある方でも比較的安心して治療を受けることが出来るでしょう。

イメージ写真

歯槽膿漏、歯肉の切開

 毎日のブラッシングで磨き残しがあると、歯の隙間や付け根に溜まった食べかすが歯垢(プラーク)に変わり、やがて唾液中のカルシウム成分と結びついて歯石となります。この歯石は歯槽膿漏など、歯茎の病気に原因することが多いのです。さらに普段の歯磨きだけでは歯石は取ることが出来ません。もしも歯石が溜まってしまうようであれば、定期的に歯医者さんに取ってもらう必要があるでしょう。その際も痛みや出血は最小に抑えられます。さらに歯茎に一定時間照射することにより、殺菌効果もあり、歯茎を鍛えることにもなります。

 また、歯茎が必要以上に多く歯にかぶさってしまって、他の部分に悪影響を与えてしまうようなケースでも、悪くなっている部分だけを痛みも少なく切開することが可能です。

イメージ写真

歯茎の黒ずみ除去、口内炎、義歯の痛みの軽減

 また、レーザー治療機は審美治療的な効果もあります。
メラニン色素の増殖などで、黒ずんでしまった歯茎に一定時間数回の照射することで、色素が薄まってきます。

 口内炎や口角炎などに対しても、一定時間数回の照射で目立たなくなり、やがて完治します。

 さらに義歯を装着した際に痛みを感じる場合にも効果があります。

このページの上へ戻る