インプラント

インプラントとは

  • インプラント治療とはこれまで入れ歯やブリッジでしか対応できなかった、歯を失った部分に、天然歯の根の部分の代わりをする人工歯根を入れて、再び噛む機能を回復させる治療のことです。
  • 入れ歯では噛む事が難しかったものもかめるようになります。
  • 入れ歯のように取り外す必要がなくなり、人前でも口元を気にせず、食事やおしゃべりが楽しくできるようになります。
  • インプラント治療は、お口の中の機能回復と自然な審美性を追求した新しい治療法です。

インプラント治療のメリット

イメージ
  • 自分の歯と同じように噛む事ができますので、違和感がありません。
  • 健康な歯を削ったりするような処置が必要ありません。
  • 見た目を自然で、人前で口元を気にせず食事やおしゃべりを楽しむことが可能です。

こんな場合にインプラントをおすすめします。

  • 歯の奥が抜けたため、ブリッジができない。
  • ブリッジにするため、健康な歯を削りたくない。
  • 抜けている歯の数が多く、ブリッジでは支えきれない。
  • 入れ歯に抵抗がある。
  • 事故などの外傷で歯を喪失した。
状況によってはインプラント治療ができない場合もあります。ご希望の方はまず歯科医にご相談ください。

インプラントと従来の治療方法の違い

前歯部分一本欠損の場合
  • 従来の治療

    イメージ 両隣の健康な歯を削って土台にし、ブリッジで治療
  • インプラント治療

    イメージ欠損部にインプラントを埋入し、
    人口の歯を単独で装着
臼歯部分から歯が欠損している場合(遊離端)
  • 従来の治療

    イメージ部分入れ歯で治療。
    健康な隣の歯に維持のための鉤をかけるため、歯に負担がかかります。
  • インプラント治療

    イメージ必要な歯のインプラントを埋入し、それぞれ単独で治療するか、インプラント同士を連結したブリッジとする。
完全に歯がない場合
  • 従来の治療

    イメージ土台になる歯がないため、総入れ歯となります。
    うまく合わない場合は食事が美味しくない、うまく話せない、外れやすいなどの問題が生じることがあります。
  • インプラント治療

    イメージインプラントを土台にして入れ歯を安定させ、動かず、しっかりした義歯にすることができます。
    また、あごのインプラントによって、一本ずつの歯を自然な状態で再建することも可能です。

インプラント治療の流れ

  • STEP01 初診

    インプラント治療に関する相談と説明
  • STEP02 調査

    病歴や健康状態に関する問診、口の中の検査、レントゲン写真や歯型の採取
  • STEP03 診断

    治療方針、計画の決定と説明
  • STEP04 手術

    ・ 外科手術によって顎の骨にインプラントを埋め込みます。
    ・ 3~6ヵ月後にインプラントに人工の歯を連結するためのパーツを取り付けます。
  • 01

    奥歯が一本抜けてしまった状態です。従来はブリッジや入れ歯で治療していましたが、それでは残っている歯に負担がかかったり、傷つけたりしてしまいます。
  • 02

    残っている歯のために、インプラント治療を選びました。
    まず歯が抜けているところにインプラントを植え込むためのスペースを作ります。
  • 03

    インプラントを植え込むためのスペースにもともとあった歯の形に合わせたインプラントを植え込みます。
  • 04

    インプラントを植え込んだら、歯肉で蓋をして約3~6ヶ月待ちます。
    この期間を治癒期間と呼び、この間にインプラントが顎の骨と一体になります。
  • STEP05 人工の歯を製作

    技工士さんがあなただけの人工の歯をカスタムメイドで製作します。
  • STEP06 人工の歯を装着、完成

    人工の歯を連結して完成となります。
  • 01

    インプラントと顎の骨と一体になったら、インプラントに支台装置を取り付けて人工の歯をかぶせます。
  • 02

    インプラントによる補綴(歯の再建)処置が完成した状態です。歯があったときと同じ感覚が回復しています。残っている歯の状態も良くなります。
インプラント治療に際しては、口腔衛生の高い意欲が必要となります。
お口の中を清潔に保つことが難しい場合は、治癒を断念することもあります。
このページの上へ戻る